30代主婦の香港・マカオ旅行記

飲茶を楽しむ

 

香港料理と言って思い浮かぶのは「飲茶」と多くの方が言われるかと思います。
私は香港へ5回足を延ばしてますが、3回目に行ったときにホテルのコンシェルジュから教えていただいたお店に再度来店して、本場のワゴン式飲茶を楽しんでいます。

 

香港料理では大手の「美心(Maxim's)」系列のお店で、早朝からワゴンサービスの飲茶です。ちょっと朝寝坊の10時頃に来店すると、新聞を読みながら飲茶を食べる現地の方が多く、本当に地元では定番なんですね。日本人は滅多に寿司屋に行かないけれど、香港人は一般的に飲茶に行くんだなーと実感します。

 

ワゴンで運ばれてくるので、メニューが読めなくても指さしで注文できますし、飲み物は日本語でそのまま通じそうな「ジャスミンティー」と言えば、出てくるので安心。

 

まず、席に着くとお湯の入ったポットと空のボウルが置かれていて、何かと思ったら周りの方は使う食器類をお湯で洗ってから使うみたいです。私も最初に行ったときに知らなくて、洗わず食べてしまいました。

 

ワゴンで運ばれてこない料理は紙で注文するので、鉛筆でチェックをするだけ。

 

 

この時ばかりは感じが読める日本人でよかったなと思います。
山盛りたべて、2~3人でも約2000円ちょっとで楽しめます。

 

スポンサードリンク

次の記事>>船で日帰りマカオ


ホーム