30代主婦の香港・マカオ旅行記

マカオの観光スポット

セナド広場を少し登ったところにあるのが「聖ポール天主堂跡」で、マカオ定番の観光スポットとなっています。

 

 

この教会は3度の火災に見舞われて、1835年に起きた火災で最後に残った部分が石造りファサードだったので、それを大切に守っているという世界遺産の1つです。

 

 

前面の部分だけが残っているので、後ろから見ると結構まぬけな展望台状態ですが、階段もついていて、観光スポットとして世界各国の方が訪れています。

 

聖ポール天主堂跡の右側にある山を見てみると、エスカレーターがついています。
なんだろう?と思って登ってみると、マカオの歴史を詳しく説明した「マカオ博物館」があります。

 

博物館は三階建となっており
1階・・・マカオの生い立ちから西洋文明との交流、貿易の発生
2階・・・マカオの生活・娯楽・宗教などに関する伝統と芸術
3階・・・現代のマカオと未来への展望

 

と模型を使いわかりやすく説明されているので、英語や中国語がわかりにくくても十分楽しめる場所です。

 

博物館を出ると外は展望台になっており、マカオの景色が一望できます。

 

 

ゴージャスなカジノが立ち並んでいますが、別の方向に目を向けると、意外と普通の住宅街もあり、マカオ市民の生活は香港とは違う感じなんだなという印象です。

スポンサードリンク

ホーム