0歳児ママの香港子連れ旅行記

航空券の予約

国内線での子連れ予約はネットでできますが、国際線はいろんなことを聞かれるので、電話予約のみになります。
ANAの場合:
満2歳未満の子連れは
●座席を使用せずに抱っこ・・・大人運賃の10%
●座席を利用する場合・・・・・大人運賃の75%
が必要になるので、エコノミーで香港往復大人56000円だったので、座席を使用しないうちの子どもは5600円払いました。
ちなみに2歳〜11歳は大人運賃の75%がかかるので、2歳になる前に旅行しておいた方がお買い得かもしれません。

 

10%の金額を払うことも、赤ちゃんとしてサービスを受けるからなので、もちろん機内食やミルク・おむつもいただけます。
0~2歳未満の子どもには「離乳食」、2歳以上は「幼児食」が出てきます。

 

離乳食はおかゆとおかずがセットされた、温かい食事とお菓子と瓶詰の入ったBOXの2つが提供されるのですが、赤ちゃんにアレルギーがある場合は「25種アレルギー対応ミール」を選択することもできるので、電話で伝えます。
詳しくは:
http://www.ana.co.jp/int/inflight/spmeal/

 

 

あとは、うちの子が利用したのは「バシネット」と呼ばれるベビーベッド。
身長 :80cm
体重 :10kgまで
という規格があるので、同じ時期に産まれていても10kg超えていたお友達もいるので、0歳児で標準体型の赤ちゃんしか使えませんが、離陸時は抱っこで・離陸後にベッドを出してくれるので、助かりました。
詳しくは:
http://www.ana.co.jp/int/checkin/rakunori/family/index.html

 

 

このような話を電話で伝えて、赤ちゃんが過ごしやすいように予約をしてもらいました。

スポンサードリンク

次の記事>>パスポート


ホーム